どうにかして、インプラントに

どうにかして、インプラントについての高い技術を備えた歯科医に出会おうとすれば、海外に渡ってでも治療をうけるという手段もあります。そもそもインプラント治療は北欧で発達しており、世界中の歯科医が研修をうけています。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、安易に妥協せず、できる限りの情報を手に入れることに努めましょう。顎骨に人工歯根を埋め込んで義歯を固定するインプラントは、すべてが同じ構造ではなく、各パーツの構成により何種類かのタイプがあります。

人工歯根とアバットメントが一体型で、一回法の施術に用いられる1ピース・インプラントという名前のタイプと、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。

この2ピースタイプはさらに、パーツ同士の結合部の形によって、歯根側が凸になっているエクスターナルタイプと、歯根側が凹になっているインターナルタイプに分かれており、それぞれ特長が異なります。

インプラント治療を希望する代表例として、周辺の歯に関係なく治療したいという患者の希望がある場合です。例えば、ブリッジ治療をするためには両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。

これが、インプラントの埋入なら失った歯だけを根元から再生する治療になります。

両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある場合、インプラント治療を考えた方が良いですね。最近はインプラントを利用される方も多くなってきましたが、治療後に前よりも口臭が気になるといった変化が割と少なくないようです。

これはなぜでしょうか。一つには、歯茎に埋め込んだ土台と義歯の間などに、日々のケアで取りきれない食べカスが溜まってしまったり、インプラント周囲炎という名前の炎症を起こしている場合もあり、単なる口臭と侮れません。

こうした症状に気付いたら、一刻も早く、インプラント治療を行った病院に行くべきでしょう。インプラントならば、他の人工歯と比べても噛んだときに安定しており、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、ありがたみを実感する点です。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根をあごの骨にしっかり埋め込んでいるので歯が取れる心配をしながら、ガムを噛むこともありません。

インプラント全体も、ガムを噛向くらいでは何ともな幾らい強度を備えています。

どんなガムでも、持ちろんキシリトールガムも平気で噛めます。インプラントは人工歯なので虫歯を気にしなくて良いのですが、歯周病には気をつけてちょうだい。

せっかく行ったインプラントを維持するためにはケアが欠かせないりゆうで、維持していくためには、歯科医の指導に従った毎日のケアと、定期検診やクリーニングは手を抜くことができません。

けれども、万が一歯茎が腫れたり、インプラントの周りで出血があったりすればそれはインプラント周囲炎の可能性があります。

放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療をうけましょう。手術では他の歯に触れていなくても、インプラントをした後、近くの歯がうずくように感じられることがあるようです。

手術で人工歯根が入ったり、術後に腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したのでインプラントが落ち着けば、その反応も静まることが自然な流れです。実は他の問題が隠れていたという事もあるでしょうから、異変を感じた場合は歯科医の判断を仰ぐことに努めましょう。

多彩なインプラント治療の問題点を聞いたことがあると思います。

問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMagnetic Resonance Imaging system検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。

しかし、それは正しくありません。

磁気を当てて画像を作るのがMagnetic Resonance Imaging systemなので、金属に反応すると、画像は乱反射のように見えます。

インプラントには主にチタンが使われており、金属といっても磁気には反応せず、そのため、Magnetic Resonance Imaging system検査は問題なくできます。

インプラントが虫歯になることは絶対ありませんが、だからといってお手入れを必要としないということにはならないでしょう。

特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはならないでしょう。

食べかすが歯垢となり、炎症を起こすと歯周病を引き起こすこともあるのです。

自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをちゃんと指導してもらい、毎日のセルフケアを怠らないことが大事です。異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスをうけることが必要です。

入れ歯や差し歯にかわる技術として注目されているインプラント。

その義歯には、多くの種類がありますが、多くは義歯の表面にセラミックを用いるものです。セラミックの利点は、プラスチックの差し歯よりも硬く、歯磨きで劣化しないことですが、セラミックの人工歯を綺麗に形成できるかは、専門スタッフである歯科技工士の技術に左右されます。

綺麗な歯を作るための美的感覚と、それを実現する高い技術が要求される作業です。

いわば一点一点がオーダーメイドですから、時間・技術供に大きなコストがかかってくる結果、一本あたり数万円から十数万円という高い費用がかかるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA