今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

今のところ、インプラントの歯根部はチタン製が主流です。

骨になじんで比較的安定しやすいため、身近に使われることが多く、アレルギーも起こりにくいのです。

治療をはじめるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった一通りの検査を行い、治療適用が妥当となっ立ところで初めて治療開始となるので患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)も納得し、安心して治療を開始できます。

一通りの治療が終わったアトは、メンテナンスを継続することによって安全性や快適性は長期にわたって確保されます。

インプラント治療を受けたい方のネックにもなっていますが、治療はほぼ保険適用されません。保険が聞けば治療を受ける方の数も増えるかも知れません。

それでも保険適用外なのはインプラントを創り、あごの骨に埋め込もうとするとブリッジや入れ歯と比べればわかるとおり、検査、土台となるあごの骨の管理、人工歯調整、手術とすごくの手間がかかるためです。インプラントをあごの骨に埋め込むだけでなく、インプラントと周りの歯がなじんでうまく噛めるようになるまで時間もかかるので完全に治療が終わるまでの医療費はすごくのものです。

治療の一部を保険適用にするだけでも、健康保険の赤字がいっそう増え、結局は被保険者の負担が増えることになるので、保険適用にはならないのです。

喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性はすごく大きいというべきでしょう。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりではじめなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることがその後の治療に関わる重要な問題です。

組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。インプラント治療を順調に終えようとするなら、治療が無事終わるまでの間と思って禁煙あるのみです。インプラントは、人工歯根、アバットメント、上部構造などいくつかのパーツを組み合わせて行います。

その部品の接続構造により、数種類の分類があり、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんの健康状態などに応じて使い分けられます。

骨に埋め込む歯根部と、義歯を装着する支台部が一体になっているものが1ピースタイプです。

他に、これらが歯根部と支台部に分かれている2ピースタイプがあります。2ピースの場合、アバットメントが人工歯根と別のパーツとして取り付けられるので、人工歯根にアバットメントを接続する部位の形で、これが凹面であるインターナルタイプと、凸面であるエクスターナルタイプがあり、インターナルの方がアバットメントの接続が容易なのでよく使われています。インプラントが固定され、義歯が不自由なく使えればインプラント治療もおわります。

それからも定期的なメンテナンスを受けなければなりませんのでその都度、費用がかかります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医に診て貰うことになります。この定期検診に必要なお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円程度かかることが多いです。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の出費は必要です。

ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは噛んだときに安定しており、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはけっこう大切なメリットの一つです。

ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなくインプラントの根元はあごの骨に埋まっているのでガムを噛んでも歯がポロッと取れることはありません。人工歯全体もどれほどガムを噛んでも傷まないほど丈夫につくられていることはいうまでもありません。キシリトールガムも、問題なく楽しめます。

多くの方にとって、インプラント治療をはじめるとき心配なのは、高額な負担を覚悟しなくてはならないことでしょう。

ほとんどのケースは保険適用外で、ほとんどすべてが自由診療となるのが現状なので、インプラントの数や、義歯等素材を選べる部分の選択によっても費用にはすごくの開きが出ますし、自由診療のため、歯科医院によっても思いの外費用は違ってきます。治療が無事終わっても、メンテナンスを受けなければならない点も知っておく必要があります。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療しゅうりょう後、義歯だと気づく人は本当に少ないという点です。

歯茎から生えているので、見た目も自分の歯に近く義歯に見えない自然さでこれは義歯だと自分から言わない限り、これは義歯だと思われることもいちいち考えなくて良くなります。義歯だと思われたくない方には優先したい治療方法ですね。

入れ歯の装着に違和感があるという方、または単純に入れ歯は嫌という方にはインプラント治療がすすめられるでしょう。チタン製の人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、それから人工歯をつける治療で、費用がかかることは確かですが周囲にもそれと気づかれにくく、噛んだ感じも自分の歯に近くなります。

何よりも見た目の自然さや快適な使用感をもとめられるなら、何といってもインプラントです。

インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、痛みが落ち着くまでは、安静に生活するよう気をつけて頂戴。いつもの暮らしには極端な制限はありませんが、身体に負荷をかけるくらいの運動は当分控えて頂戴。傷口に負担がかかり、ふさがりにくくなる場合もあるのです。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、どうなったら再開できるか、歯科医と確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA