長年放っておいた虫歯があり、

長年放っておいた虫歯があり、抜くしかなくなってしまいました。

隣の歯の状態から見れば、ブリッジも可能でしたが歯医者さんから今後のことを考えてインプラントをすすめられ、最終的にインプラントを選びました。

まあまあな費用がかかるデメリットはありますが、しっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。

手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく自分の歯と同じように噛めたので歯医者さんに言われ立とおりだと思いました。

他の歯科治療と、インプラント治療が大聴く異なるのは失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なりあごの骨にインプラントを定着させるので万一、人工物のインプラントと自分の骨が周辺組織によってなじむことなくインプラントがしっかり固定されないというアクシデントがあれば再度、大がかりな手術を行って骨を大聴く削り直すことになります。

また、あごの骨を掘ってインプラントを埋入するため、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。インプラント治療が、喫煙によって阻害される危険性は無視できないものがあります。インプラント治療の完了までには数ヶ月みるべきですが、インプラントの周りがしっかり固まり、あごの骨と結びつくことが次のステップに進むための条件です。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコにふくまれるニコチンや一酸化炭素といった物質がかなりマイナスに作用します。

インプラント治療の成功を願うなら、少なく見積もっても、手術から治療完了まではしっかり禁煙するべきでしょう。

全てのインプラント治療にとって大切なのが歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。かなり専門性の高い外科的治療を要するので、いろんな症例を診てきた経験を積んできた歯科医にかかることが望ましいのです。また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、スタッフ全員で感染症予防に取り組んでいる、歯やあごの状態、治療方針についてしっかり説明してくれることなども後悔しない歯科医選びの決め手となります。チタンでできた人工歯根をあごに埋め込むのがインプラント治療ですが、チタンは金属の中では、骨との親和性が高い方でアレルギーも起こりにくいとされています。治療を初めるにあたっては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった検査を一通り行い、治療方針を決めてから本格的な治療がスタートするので安心して治療を受けることが出来ます。

治療が終わっ立ところで、重要なメンテナンスを患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)と歯科医が連携して進めていくことで、安全性が高まり、長く快適に使えるようになります。

手術によって、人工物であるインプラントを体内に埋め込むので手術が無事終わっても、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)さんのほとんどは違和感を生じるのが当たり前の反応です。数日で腫れも引き、違和感も薄れてくるので違和感を感じてもくれぐれも触らないよう歯みがきも気をつけて頂戴。ただし、術後十日以上経ってもしっくりこないと感じる場合や、痛みの増大、腫れ、発熱などの症状がある場合は、原因を突き止め、治療しなくてはなりません。

こうなれば我慢は必要ありません。

すぐに診療を受けましょう。これはインプラント治療が最適、とされるのは周辺の歯に関係なく治療したいと、患者(あまり薬に頼りすぎると、治りづらくなることもあるかもしれません)が考えている場合です。

ブリッジ治療を例に取ると、義歯を支える役目をする両サイドの歯は削らなくてはなりません。インプラント治療の場合、人工歯根を骨に直接埋め込むので該当する歯の分だけ治療することになります。

周辺の歯に影響を与えたくないという願望がある場合、歯科医からインプラント治療をすすめられるはずです。

インプラントについて、ほとんどの歯科医には治療困難であり、専門の歯科医でないとできないなら、日本だけでなく、海外の歯科医を捜すということも考えていきましょう。

インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界中の歯科医が研修を受けています。一生使える第二の歯を求めて、すぐにあきらめることなく、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。インプラント治療はかなりの技術を要するので、ある程度のリスクを伴う治療です。失敗するとどうなるかと言えば、人工歯根があごの骨となじまない、破損などという人工歯そのものに関わる失敗、インプラントを埋め込んだ後、あごの骨や周囲の組織が腫れる、痛みが引かないなど身体的問題、手術に失敗してあごのラインが変わってしまっ立という審美的な問題が起こることもあります。

失敗の可能性を少しでも下げるためにくれぐれも実績のある歯科医を選ぶようにしましょう。

検査から治療後のメンテナンスまで、インプラント治療はほぼ全面的に保険適用外です。保険が適用されればありがたいのですが、インプラント治療と一口に言っても他の人工歯を使った治療にくらべてコストがかかり、設備や技術も要するからです。手術の前後にはいろんな処置が必要で、インプラントと周りの歯がなじんで上手に噛めるようになるまで時間もかかるので治療全体に医療費がずいぶんかかるのです。

それではどこまで保険適用にするかも難しい問題で、他の保険適用治療にしわ寄せが行くでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA