大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイ

大きな効果を得られるインプラント治療ですが、そのマイナス面も知らなければなりません。まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることも珍しくありません。

加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるというのも、デメリットの一つです。まれな症例として、治療が原因で死亡することも過去にはありました。歯科医師でインプラント治療を勧められた方もいるでしょうが、それは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、換りにあごの骨に埋め込んだ人工歯根と、その上の義歯作りの治療です。歯の欠損には、昔からブリッジや入れ歯が使われてきましたが、インプラントは人工歯根を骨に埋め込むことによって噛んだときの感じも自分の歯に近く、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。

インプラント治療をうけようとすると、全て自費なので治療にお金がかかることは承知しておいてください。歯科治療で手術をうけたことがない方には、インプラント埋入手術はどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。

インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。

手術部位には麻酔をしっかり効かせて手術の本番に入るためです。麻酔が切れた後で、腫れてきたりだんだん痛くなってくる事もありますねが、頓服の痛み止めが処方されるため長い間痛みに苦しむことはほとんどないと言えます。

よくいわれるインプラントのメリットですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。

あごの骨とくっつき、歯茎から生えた人工歯なので、見た目も自然な印象を与えるので自分から、義歯だと他の人に明かさないでいればもしかしたら義歯かと思われる心配も考えなくて良いのです。義歯だと思われたくない方にはこの治療方法を選ぶべきでしょう。

今流行りのインプラント。

一度埋め込めばその効果は生涯もつと言われることが多いのですが、実際のところは、施術の完了後も欠かさずメンテナンスをおこなえるかどうかや、治療を担当した歯科医師の腕にも影響されるようです。口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、せっかくのインプラントもすぐに劣化してしまいます。

また、歯槽膿漏などの口腔内の病気にかかってしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、それだけインプラントの使用可能年数も短くなってしまいます。

手術が成功し、義歯が使用できるようになってインプラント治療がしゅうりょうしても指示された間隔で歯科医師によるメンテナンスをうけなければなりませんから異常がなくても維持費は必要になります。

普通は、三ヶ月に一回のペースで定期検診に通うことを指示されます。

この定期検診に必要なお金は保険適用(国民健康保険と厚生年金保険が一般的ですが、それ以外にも船員保険など複数の種類があります)の治療が基本となり約三千円とみれば良いでしょう。普通は、一年あたり1万円、もしくは、2万円程度の維持費を見込んでおいてください。「インプラントって差し歯とは何がちがうの?」という質問はよく訊かれます。まず、差し歯というのは、残った歯や歯根をベースにして、そこに人工の歯を差し込むものです。ですから、抜歯してしまって歯がない場合は原理的に差し歯の施術は不可能なのです。

それに対して、インプラントというのは、金属製の歯根を顎の骨に埋め込んで癒着させ、その上に義歯を装着して固定するというものです。

原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも施術が可能なのがインプラントの特性と言う事になります。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。

ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

何かと言うと、インプラント治療をうけられる人は限られていることです。

後から残念な思いをしないように、事前によく調べてください。

いくつか例を挙げると、ガンで治療をうけている方や、糖尿病、心臓病などの持病をお持ちの方、顎の骨の強度に問題があったり、既に骨がなくなっているなどの方も、顎の骨を増やす治療が先に必要だったり、そもそもインプラントが不可能だったりすることがあります。この場合にはインプラントを諦め、代替手段を捜すことになります。普通、インプラント治療の全部が自費治療なので、費用を払いきれるかどうか心配になる方もまだまだ多いのです。

しかし、クレジットカードの分割払いや、いわゆるデンタルローンのような信販会社のローンで支払いができる歯科医師院が増え、柔軟な対応ができるようになっています。

現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療をはじめることはできるケースが増えました。

インプラント埋入は外科手術なので、術後はしばらくの間、極力安静に生活を送ってください。

日常生活では力をかけないように努め、負荷がかかる身体運動はしばらくの間は控えましょう。

血行が良くなると、傷口から出血する可能性があります。

負荷のかかる運動を日常的に行っている場合、歯科医師の意見を聴き、再開時期を共通理解しておくことをすすめます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA