インプラントの利用を考える際に「注意したいこと」

インプラントに利用の前に

インプラントの利用を考える際に、口腔内が腫れて痛んでくるんじゃないかと不安な人もいると思います。それは、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行う歯科医の腕や、患者さん自身のコンディションにもよるので、どうなると言い切ることはできず、腫れるか腫れないかは人それぞれとしか言いようがありません。担当医の指示通りに痛み止めを服用し、腫れ立ところを冷やせば治ることもありますが、腫れや痛みが収まらない場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。

色んな方法がある

失った歯を再生する治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は何種類もありますが、インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の問題点は治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)に失敗した場合、再度同じ治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を行なえなくなる点です。

入れ歯、ブリッジ、クラウンなどの義歯と異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再度、大がかりな手術を行って骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。そして、インプラントの埋入にはあごの骨を削るので、周辺の神経を傷つけるリスクが常にあります。

インプラントならば、他の人工歯とくらべても自分の歯に近い感じで噛めるので、ガムを噛むときに、噛み心地を楽しめるのはインプラントにして良かった点の一つです。

上からかぶせて人工歯を作ったのと異なり、あごの骨に根元を埋め込む形で人工歯を作ったのでガムと一緒に歯が取れるというトラブルはまずありません。

骨に埋まっているねじ状の部分、その上の義歯は供に、ガムを噛んだくらいではびくともしな幾らいに丈夫に作られていることはいうまでもありません。

たとえば、キシリトールガムを噛んでも全然平気です。

インプラントと感染症

ある程度の規模の歯科医院で、普通の外来診療のみで行うごく一般的なインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)でも、院内感染の心配はあるものです。

この為、歯科医院を探すときにその医院の感染症対策についての取り組みを知っておくことが治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の成否に関わる問題です。

感染症対策について、具体的な取り組みをサイト上で具体的に示している歯科医院もどんどん増加傾向にあるので、調べるときは参考になるだといえます。みなさんが気にしているインプラントの耐久性は、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、歯科医の指導に従い、メンテナンスを欠かさなければ自分の歯と同じくらい保つというのが一般的な説です。

ようはメンテが重要

要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めるとインプラントの維持が難しくなってしまうと考えなければなりません。

誰でもインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)ができるわけではありません。その大きな原因は費用の問題も大きいと思います。

保険適用されることはごくまれで、全面的に自由診療になる事が普通であるためインプラントは何本埋め込むのか、失った歯何本分か、義歯などの材料は、などの要因ですごく費用が違うことも確かで、歯科医院が費用を自由に決められるので、そこでも思いの外費用は違ってきます。また、定期的なメンテナンスも必要ことも念頭に置きましょう。

インプラントの素材の話

金属でできたインプラントを骨に埋め、周辺組織で固めるといっても、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。

人工歯根は外科に使われるボルトやねじと同じ素材が使われています。

チタンの他、セラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を使っているためです。

インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は基本的に保険外治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)でほぼ全額自費とみるべきです。

ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは遅くとも手術の前までに、歯科医に確認しておくとベストだと思います。

これはインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)の大きなメリットですが、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)中でも、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)後もそれとわかることはまずありません。

見た目からしても、自分の歯のように自然な印象を与えるのでこの歯はインプラントだと自分でいわなければこれは義歯だと思われることも気にする必要はありません。

自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方にはこの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)方法を選ぶべきだといえます。

重要な確認事項として、インプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を始める前にあごの骨に病気や障害がないかどうか確認してください。

特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治指せるのがとても大切です。

美容整形や外傷などで、あごの骨を削った経験がある方も治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)が事故に繋がる可能性があります。ただし、これらの既往症があっても絶対治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)できないとは言えません。歯科医とのコミュニケーションが何より大切です。

いろいろな条件から、普通のインプラント治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は困難とされ、限られた歯科医に頼るしかなければ、国外までも捜しにいくという手段もあります。インプラントの治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)技術が特に発展しているのは北欧諸国で、全世界から研修に訪れる歯科医がいるのです。

長期間快適に使える歯を手に入れるため、すぐにあきらめることなく、可能な限りの情報を集めることをがんばってみましょう。

子供の歯とインプラント

将来インプラントに頼らないためにも、小さいころからの歯磨きは大事。

なので、未就学の内は「親の仕上げ磨き」が必須です。

だけど、イヤイヤ期など子供が駄々をこねすぎて「歯磨きができない」なんてことはあると思います。

しまいには、「もう子供の歯磨きめんどくさい」なんてなりがちですが、ココにあるような方法で何とか乗り切っていきましょう。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA